ローンの残っている中古車を売る

ローンが残っている車

車を買う時にローンを組んだのに後になって売らなければいけないケースもあるでしょう。急にまとまったお金が必要になったり、転勤などで車がもう必要なくなったり、いろいろな理由が考えられます。

このサイトではそういった状況にある人に是非知っておいてもらいたい車とローンの関係性です。

ローンが残っていても売れる車の特徴

車にはローンがあっても売れる車と売れない車があります。必ずしもローンが残っていても売れるとは言い切れないのです。

まず売れない場合はローン会社が拒否をする場合です。何しろまだローンの残債がある状態では車の実質の持ち主はあなたではなくローン会社にあるのです。毎日使っている人が車の所有者(オーナー)のように見えますが法律上(紙の上)では違うということですね。

ですからローン会社にこの車売りたいんですけどいいですか?と打診をして、「YES」なら売れて、「NO」なら売れない。そんな単純な図式です。

ではYES/NOの基準は何なのか?

それはあなたの信用です。分かりやすく言うとローン(借金)をちゃんと返してくれそうかどうかです。
ローン会社はやはりお金を返済してもらうことが第一にありますので、車を売ることで返済が捗りそうと判断すればYESといいますし、逆に売ったとしてもローン返済が進まないor返してくれるかわからないと判断されれば当然NOという返事です。

ですからあなたはまずローン会社を説得しなければいけません。車を今売ることでローン返済にいい影響があるということを。まずこの点を理解しましょう。

ローン会社を説得する材料

ではどうやって説得すればいいのかについて簡単にアドバイスしておきます。
まず大事なのは次の2点を把握することです。

1)現状、返済に充てられる現金
2)車のだいたいの売却額

この2点を出来る限り正確に把握しましょう。
そしてこれを材料に説得・交渉をすすめるのです。

わかりやすくいうと、車を売ることで得たお金をローン返済に充てるということです。それで完済する見込みが立てられればそのまま問題なく売れるでしょう。また、その金額だけでは足りなくても手持ちの現金・貯金などがあればそれを使えます。

そういった実際のお金・数字を示して返せるということを証明するのです。くれぐれも返済のやる気・頑張りなど気持ち的なことをアピールしないようにしましょう。そんなものは相手にとって何の意味もありませんし、そればかりアピールしてくる人はちゃんとした返済計画を持たない人だと思われ信用をなくしてしまいます。

詳しいやり方はこちらをチェック!
 → ローンが残ってる車を売る